TOP ニュース

6/2(金) 稲門建築会 春の大会 野老朝雄氏 特別講演のお知らせ

2017.05.13up

稲門建築会 春の大会 特別講演
野老朝雄 [個と群]
2017年6月2日(金) 18:15~ 西早稲田キャンパス63号館202教室

今年の特別講演は、美術、建築、デザインの境界領域で活躍を続けられている野老朝雄(ところあさお)氏の登場です。野老氏は、1969年東京生まれ。設計事務所を主宰されたご両親の影響で、幼少期より建築に親しみ、ロンドンのAAスクール等で建築を学ばれた後、江頭慎氏の制作助手を経て、現在アーティストとして活躍されています。
これまでに、ファッション、インスタレーション、ロゴマークの制作等、様々な実践をされ、2001年9.11テロ以降は「繋げる事」をテーマに制作を開始。定規とコンパスで描ける単純な幾何学を用いた紋様や、同様の原理を応用した立体物の制作を行っています。
今回の講演では、「個」と「群」、そしてその拠り所となる「律」の存在について、野老氏の実作の数々を通して、触れて頂きたく思います。
皆さま、お誘いあってぜひ特別講演にお越しください。

主な作品
2012 「工学院大学125周年記念総合教育棟」のためのファサードパターン制作(東京)
2015 BAO BAO ISSEY MIYAKEにアートワーク提供
2016 東京オリンピック、パラリンピックエンブレム
2017 「文京区シンボルマーク」制作(文京区)
「大手町パークビルディング」のための屋外彫刻作品
「TOWER OF CONNECT」制作(東京)