TOP ニュース

5/20(金) 2016年度第一回シンポジウム 早稲田建築の拡張ー「都市化をこえる『地方化』」知らせ

2016.04.27up

2016年度第一回シンポジウムー早稲田建築の拡張
「都市化をこえる『地方化』」

開催日時:2016年5月20日(金) 18:30~
場所:理工キャンパス57号館202教室
申込不要・入場無料

司会・進行:中谷礼仁(なかたに のりひと)
パネリスト:高木正三郎(たかぎ しょうざぶろう)
       板谷敏正(いたや としまさ)
       永井拓生(ながい たくお)


シンポジウム概要:
建築のあり方(発注システム、生産連関、作品価値)が急速に変わってきています。
早稲田建築の拡張とは、早稲田の建築がこれまで担ってきた広い民間分野での実践的立場、様々な職種の経験から、現実の建築を再定義し、さらに拡張するという意味です。
早稲田建築の可能性は、早稲田建築という物語を自ら突き動かし、新しい社会を建築的分野から語らうことに他なりません。
シリーズの第1回目は、「都市化をこえる『地方化』」と題しまして、現在進行中の国内各地域での活動に、都市化とは異なった積極的な価値付けが可能かを探ります。
建築の現実を「ていねいに把握すること」「それに関して自らの立場から提言をすること」「建築という言葉で指し示されていた対象の新しい定義」を検討していく座談会に、ぜひご参加下さい。