TOP ニュース

早稲田大学東京安全研究所主催 「防災・減災」 シンポジウムのご案内

2019.12.17up

早稲田大学東京安全研究所(所長・長谷見雄二 早大創造理工学部教授)が主催するシンポジウム
「防災・減災の行方-阪神・淡路大震災から東日本大震災へ」が下記要領で開催されます。

   日 時  2020年1月11日(土)午後1時半から
   場 所  井深大記念ホール
        入場無料

当日は長谷見教授の他、秋山充良、高口洋人、関根正人各早大教授、尾島俊雄、濱田政則各早大名誉教授、
伊藤滋・元早大特命教授らがパネリストや報告者としてシンポジウムに出席します。

いずれも早稲田大学において建築、土木、都市計画の分野で後進を育てられてきた方々です。
阪神・淡路大震災から四半世紀、東日本大震災から10年を迎え、「国土と社会の強靭化はどこまで進んだのか」
をテーマにパネルディスカッションを繰り広げる予定です。