TOP メールマガジン

メールマガジン

<2011年度以前のメルマガについて>

2011年度以前のメルマガはこちらをご覧ください。

2018.12.17 UP

【稲門建築会メルマガ】 No.177…
【稲門建築会メルマガ】 No.177≪2018.12.13≫ ************************************************************ 最近は寒さも増し、布団から出るのが毎朝とても辛いです。 皆様はいかがお過ごしでしょうか? さて、12月といえば師走、師が走り回るほどの忙しい季節ですが、 私も就職活動や倉庫の掃除など忙しい日々を送っています。 身体に気をつけながら平成最後の12月を乗り切って行きましょう。 …続きを読む

2018.12.17 UP

【稲門建築会メルマガ】 No.176…
【稲門建築会メルマガ】 No.176≪2018.11.22≫ ************************************************************ 秋も深まり、日が短くなってまいりました。 建築学科各研究室の学部生による卒業論文発表も終わり、 慌ただしかった研究室もやっと落ち着きを取り戻しました。 追々寒さに向かいますが、お体にお気をつけてお過ごしください。 広報学生委員 中莖 まりな  (古谷研究室 修士1年) *********…続きを読む

2018.12.17 UP

No.175≪2018.10.18≫
【稲門建築会メルマガ】 No.175≪2018.10.18≫ ************************************************************ 日増しに秋も深まり、朝夕は肌寒く感じる季節になってまいりました。 授業が始まり早3週目、研究室作業との擦り合わせが落ち着いてきた時期 ではないでしょうか。 そんな中ではありますが、11月3、4日の早稲田祭のキャッチコピーである “「好き」に情熱を。”に向け、寒さに負けじとピリピリ…続きを読む

2018.09.27 UP

No.174≪2018.9.20≫
【稲門建築会メルマガ】 No.174≪2018.09.20≫ ************************************************************ 日中は残暑が続いておりますが、日が落ちると幾分か、過ごしやすく なってまいりました。 秋学期の始業を9/27に控え、静かなキャンパスに賑やかさが戻って くる日が近いと思うと、楽しみな気持ちと夏の終わりの寂しい気持ち が入り混じっております。 実り多き秋となるよう、勉学に、趣味に励…続きを読む

2018.09.27 UP

No.173
【稲門建築会メルマガ】 No.173≪2018.07.19≫ ************************************************************ 日本全国で、猛暑が続く季節となりました。 キャンパス内では学期末試験や課題の提出のため日々励む学生を見ることが多くなりました。 広報学生委員 小野 緋呂美(小岩研究室 修士1年) ************************************************************ ----------------------------…続きを読む

2018.09.27 UP

No.172≪2018.06.14≫
【稲門建築会メルマガ】 No.172≪2018.06.14≫ ************************************************************ 梅雨に入り、蒸し暑い日も増えてまいりました。 私は小竹向原から自転車で通学しているのですが、 最近は、早起きをして涼しい時間帯に通学しようと心がけています。 みなさまもいつもより少し早く起きて、 快適な朝の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。 広報学生委員 高橋 好斗 (田…続きを読む

2018.09.27 UP

No.171
【稲門建築会メルマガ】 No.171≪2018.05.17≫ ************************************************************ 西谷研究室所属の畑埜です。 新年度から、広報委員会に入ることになりました。 楽しく活動に参加できたらと考えております。 二年間どうぞ宜しくお願いします。 新しい年度になり就職活動など きついことはたくさんありますが、 ラーメン食べて頑張りたいと思います。 広報学生委員 畑…続きを読む