TOP 会員からの情報一覧

お知らせ一覧

2020.01.15 UP

NEW
SDレビュー2019 「鹿島賞」凱旋…
佐藤敬(苗H22・院24)とアレクサンドラ・コヴァレヴァが共同主宰するKOVALEVA AND SATO ARCHOTECTS / KASAがSDレビュー2019で「鹿島賞」を受賞いたしました。 受賞を記念して、東京と京都を巡回した模型・ドローイングを、計画地お寺の本堂内にてお披露目させていただくことになりました。 ◯ 会期: 2020年2月1日(土) - 3月29日(日)  10 : 00 - 16 : 00 入場無料 ◯ 会場: 浄土真宗本願寺派走井山善西…続きを読む

2020.01.14 UP

NEW
「葛西臨海水族園の更新に向け…
葛西臨海水族園パブリックコメント投稿のお願い(1/25締切) 緊急シンポジウム「葛西臨海水族園の長寿命化を考える」(日本建築学会主催)が2019年12月19日に開催されました。シンポジウム当日には、総勢約250人の建築関係者、一般市民の方々や報道関係者にお集まりいただき、葛西臨海水族園の今後のあり方についての活発な意見交換がなされました。東京都には東京都の方針について発言をしていただくために…続きを読む

2019.11.19 UP

シンポジウム「東京都葛西臨海…
葛西臨海水族園は、1989(平成元)年のオープン以来5,500万人を超える人が訪れ、今や東京都の貴重な文化・リクリエーション施設となっている。 しかしながら、現在東京都は既存の施設から水族館としての機能を無くすことを前提に、新しい施設の建設を進めようとしている。 既存施設の取り壊しの可能性を強く予見させる計画である。 東京都は 2017 年より「葛西臨海水族園のあり方検討会」を開催し、2019 年…続きを読む

2019.11.01 UP

『仮囲いデザインコンテスト』…
   『仮囲いデザインコンテスト』を開催します/学生対象 【開催主旨】 全国建設業協同組合連合会は、建設業の魅力発信のためのプロジェクトを展開しています。 建設業で働く人たちの「誇り・魅力・やりがい」について学生の皆さんと一緒にデザイン を通して考える目的で「仮囲いデザインコンテスト」を開催します。 学生の皆さんが瑞々しい感性で考えた仮囲いデザインを工事現場で実現し、建設業の…続きを読む

2019.10.25 UP

彩寿会 第16回 秋季展 2019 開…
□ 彩寿会 第16回 秋季展 2019開催のお知らせ 彩寿会は,早稲田大学建築学科の同窓の絵画同好会で,かつてのNHKテレビドラマ「おは なはん」の原作者林謙一氏(旧苗6)の提唱で、1974年に発足した伝統あるグループです。 現在31名の同人で活動しています。 この度『秋季展2019』を、下記の通り、開催しますので、是非ご来場ください。 □会期: 2018年11月28日(木) ~ 12月5日(木) □時間: 11…続きを読む

2019.10.24 UP

「吉田鉄郎の近代ーモダニズム…
「吉田鉄郎の近代ーモダニズムと伝統の架け橋」展のご案内です。                        齋藤 聰(苗S51) 東京中央郵便局や大阪中央郵便局を設計した吉田鉄郎(1894-1956)は 逓信省建築家として知られていますが、多彩な設計活動を通じて日本的 な近代建築スタイルを確立し、日本の近代建築全般に大きな影響を与え ました。 本展では図面や著作、プライベートな書簡、写真な…続きを読む

2019.10.15 UP

『伝統から最先端 話題の建築…
本展示会はJSCA(日本建築構造技術者協会)法人化30周年記念事業として行われるもので稲門建築会も協力し内藤多仲 先生の東京タワー関係の資料やアーカイブスを見ることができます。 皆様奮ってご参加ください。 下記は楠本玄英構造設計事務所代表の楠本玄英(苗H13)さんからの情報です。                  記 本展示会では、JSCA(日本建築構造技術協会)会員を中心とする全国の構…続きを読む