TOP 会員からの情報一覧

お知らせ一覧

2017.07.31 UP

シンポジウム開催のご案内
早稲田大学曽田研究室では1996年以来、早稲田大学理工学総合研究センター内に制振構造にかかわる種々のプロジェクト研究を継続して来ています。 本年は21年に渡り実施してきたプロジェクト研究の最終年として、その成果をまとめた報告会を開催させて頂きますので是非ご参加下さい。         名称  :第6回制振構造デザイン技術の高度化に関するシンポジウム          - 過酷な…続きを読む

2017.06.08 UP

早稲田都市計画フォーラムセミ…
◼︎「まちづくりの科学・方法・伝え方」 趣旨 たくさんの人と多様なやりとりをして、暮らしと仕事と場所を再編成していくことがまちづくりであり、都市計画の分野から派生するかたちで方法や手法が開拓されてきた。今回刊行された「まちづくり教書」は理論的枠組みから、「まちづくり図解」は実践としての方法から、早稲田大学都市計画研究室を中心としてここ30年の間に開拓されてきた方法や手法を一覧したもの…続きを読む

2017.06.05 UP

西谷章教授 伊報道番組出演の報告
現地時間2017年2月1日,本学西谷章教授がイタリアの報道番組に出演しました。 …続きを読む

2017.06.05 UP

早稲田まちづくりシンポジウム2…
「地域の持続のかたちを考える —千年を生き続けた知恵を活かし、ふるさとの暮らしを未来につなげるために—」開催のお知らせ 開催日時:2017年7月16日(日)、10:00から18:00まで 会場  :早稲田大学国際会議場・井深大記念ホール(東京都新宿区西早稲田1-20-14) 参加費 :一般¥2,000 / 早稲田都市計画フォーラム会員¥1,000 / 学生無料 詳細については下記をご覧ください。 ホームページ→ http://www.tosh…続きを読む

2017.04.11 UP

新著を刊行しました
新著を刊行することができました。謹んでお知らせいたします。 https://www.iwanami.co.jp/book/b281685.html 『動く大地、住まいのかたち――プレート境界を旅する』 単行本 岩波書店、 2017/3/25、 定価  本体2,600円+税 著者  中谷 礼仁 大地は動いている。 地球の地殻を構成しているプレートは、それらの衝突、沈み込みによって大地の形を大きく変え、地震や噴火を引き起こす。動く大地は…続きを読む

2017.03.17 UP

第42回 彩寿会展 2017
第42回 彩寿会展 2017 開催のお知らせ ■会期: 2017年5月 15日(月) ~ 5月21日(日) ■時間: 11:00 ~18:30(初日:14:00~,最終日:~15:00) ■場所:  東京銀座画廊・美術館B展示室 〒104-0061 東京都中央区銀座2-7-18 銀座貿易ビル8F TEL:03-3564-1644 ■オープニングパーティ: 初日5月15日(月) 16:00より開催しますので,どうぞご参加下さい。 ■彩寿会は,早稲田大学建築学科の…続きを読む

2017.01.12 UP

年賀状画二人展
「年賀状画二人展」  = 建築家:吉澤幸夫・上山恵三の建物スケッチ原画 = 会員吉澤幸夫は昭和24年専門部工科建築科卒業(甍会)し、明石信道研究室にてご指導いただきました。 その後永年、設計実務を続け、現在まで設計事務所を自営しております。[登録建築家JIA] このたび、本年2月初めに約30年間にわたる年賀状画を展示する展覧会を下記の要領で催すこととしました。 同志との二人展ですが、殆ど…続きを読む